お知らせ

日々の様子

2012/12/10

給食の放射能測定を行いました。

さくらの森保育園の給食は、安心・安全な食材で作りたいと思い、主に生活クラブ生協の食材を使用しています。

特に、3・11後は、子どもたちへの放射能汚染による影響が少しでも抑えられるよう、生活クラブが全品行っている放射能検査の結果をふまえ食材を選んで使っています。しかし、さらに安全性を把握したいと考え給食の検査を行いました。

左が給食4食分 右が鮭500g ミキサーにかけた状態です

検査を依頼したのは、「せたがや市民放射能測定所」。

検体は、11月13日の献立「ご飯、鶏の照り焼き、じゃこサラダ、具だくさんの豆まめスープ」と、単体で「鮭」です。検査方法は、検出限界が低く高精度な「ゲルマニウム半導体検出器」による3時間測定でした。

ゲルマニウム半導体検出器です。

 

 

結果は、セシウム134・137のピーク位置にピークは無く、いずれも不検出でした。

今回の結果で安全性を把握することができ、ひとまず安心しましたが、今後も定期的に検査をしていきたいと思います。

「せたがや市民放射能測定所」では、全国の測定結果が公開されていますので、ぜひご覧ください。(さくらの森保育園の結果も掲載されています)

http://www.crms-jpn.com/cat/mrdatafood.html